鏡で自分自身の顔を確認した際に、目の下側のたるみが気掛かりになったことはありませんか?

目の下のたるみというのは老化現象のためだけだと考えている方も大勢いると思われます。

実際のところ、目の下のたるみというのは日頃の生活がけっこうかかわっておりました。

目は、顔のイメージを大きくチェンジしてしまうでしょう。

変わらない年でも、老け込んで見えるっていうのは目の周辺のたるみのためかも知れません。

目の下のたるみができる原因が認識できると、見直し方法さえわかるようになります。

今日は、目の下のたるみが起こる原因と解決法・改善方法をお教えしますね。

たるみを見直して、フレッシュな目元に向けましょう!

目の下のたるみの原因は?

目の下のたるみは、お肌の下側に位置するヒアルロン酸とコラーゲンの低下により生み出される老化になります。

ところが、たるみが起こる原因はこれのみではありません

  1. 老化
  2. 疲れ目
  3. 目の周りの筋肉の低下
  4. 皮膚のふくらみ
  5. 化粧などの刺激

このようなケースが積み重なって、目の下のたるみというのは発生してしまってるのです。

さらに掘り下げて確認してみることにします。

老化

先ほどの内容にも書いてみましたが、目の下のたるみというのは老化が最大の要因になっています。

ヒアルロン酸やコラーゲンの低下も要因のひとつですが、目の周辺の皮膚の筋肉が衰退たり、お肌の弾力性・ハリが消失するケースも目の下にたるみを招く原因になっているのですね。

疲れ目

目が疲労することによって、目の周辺に老廃物が滞ってしまう以外に皮膚がたるんだりしてしまいます。

スマートホンやPC、TVのディスプレイをかなりの時間見続けないようにした方が良いでしょうね。

目の周りの筋肉の低下

目の下のたるみは、筋力のダウンすることが原因でも起こります。

まばたきの頻度が僅かだったりした場合、目の近くの筋肉は悪くなってたるみが発生してしまうこともあるそうですよ。

そのような時は、眼球を動かしてみたりとか目のストレッチ体操をした方が良いでしょう。

皮膚のふくらみ

目の下側に老廃物が蓄積することによって、脂肪が膨張してくるのです。

これを眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ぶのです。

こいつがあることで目の下側のお肌がたるみ、影が現れてクマが作られている感じに見えます

クマが見られると、顔全体が陽気ではないイメージと化してしまいますね。

化粧などの刺激

メイクそのものに何一つ心配する必要はないわけですが、メイクが残されているなど落とすときにこすりつけてしまうとなると、これが刺激となって目の下にたるみが出てしまうのです。

たるみ以外にも、色素沈着でクマとなるので力を入れないで、しっかりと落とすことを意識しましょう。

目の下のたるみはマッサージで解消できる?

目の下側のたるみというのは、マッサージをする事で血行を促進することによって解消出来ます!

言うまでも無く、1回くらいでは効き目が感じ取れないでしょうかも知れません。

常日頃から継続することが欠かせません。

マッサージを行なうときに覚えておきたい点が存在します。

  1. クリームなどを使って滑りをよくしてからすること
  2. 強く押しすぎないこと

じかにマッサージを行なうと、お肌がダメージを背負ってしまうかもしれません

目の周辺の皮膚というのはデリケートなもので、たるみをかつ進行させる要因に。

強く押しつけることだって、色素沈着に繋がっていきますからお気を付けください。

続いて、目の下側のたるみに効果を発揮するマッサージをお見せしますね。

目の周りのマッサージ

1.直前まで目を細める
2.この状態の途中で、眉毛を上げて、10秒間維持
3.徐々に元の状況に返す
4.左右の手でピースを作って、目頭に中指、目尻に人差し指を当てる
5.今の状態で、黒目をできる範囲で持ち上げる
6.10秒間維持

顔のリンパマッサージ

顔全体のマッサージを行なうことによって、血の巡りを向上させて浮腫を和らげるというのが可能となります。

このようなマッサージというのはちょっと経験を必要とするから、お風呂上りといった癒やしタイムにトライしてみましょう。

目の下のたるみを予防するには?

目の下側のたるみの向上方法というのは理解できたけど、可能ならたるみを阻止したいところです。

予防するには、常日頃の何気ない工夫を欠かすことが出来ません。

毎日の保湿

目の下のたるみというのは、お肌に保湿対策がプラスされてプリプリ感だったり弾力性をキープすることによって防御可能だと考えます。

あなたのお肌にピッタリ合うタイプを利用しましょう

パックを行なうと、お肌にうるおい感をグングンプラスすることを可能にするからピッタリですよ。

目の周りの筋力アップ

目の周辺の筋肉、眼輪筋を毎日のように鍛えることによってたるみを食い止めるというのが不可能ではありません。

常日頃から継続することを意識しましょうね。

強くこすらない

洗顔の際や肌のお手入れの場合はゴシゴシしないことを意識しましょう

色素沈着をおこしてクマにもなるから、気を付ける必要があります!

目を酷使しない

PCやスマートフォン、テレビの画面というのはかなりの時間閲覧しないことを意識しましょう。

もしも、仕事とかでどうしても閲覧しないと駄目な際は、パソコン眼鏡を利用するとブルーライトが緩和されて目に対する負担が減りますよ。

しかしながら、適度に一休みをはさむことが重要です。

目の下のたるみをなくして若々しく!

目の下側にたるみが見られると、どういうわけか老いたイメージ・疲れ切った印象をもたらしてしまうようです。

目の下のたるみにおいては、老化現象だけじゃなく要因はあるものです。

それらの要因を消去して、日常のマッサージや肌のお手入れ・日頃の生活を向上させていきましょう。

いつまで経って、かわいい目元でいることを目指して、たるみが引き起こされるものより目を守ってやりたいと思います。

合わせて読みたい記事

簡単に出来る!顔のシワの取り方は?

老け顔の原因と改善法