日差しの強い夏の季節が終われば、乾燥肌の方にとってはブルーなシーズンが現れますね。

いくら保湿をやっても数分後には粉を吹いている…などということもあるのではないかと思います?

「乾燥肌は体質なのでしょうがない」って半ば諦めている方だっていそうですが、少し待っていただけます!

空気の乾燥というのは、我々人間のカラダにだって影響を及ぼしているんです。

乾燥がちな肌を回復する食事や飲料水がある事を知っているでしょうか

食事やドリンクだったら、さほど金額もかからないで簡単に活用することができますよね。

今日は、こんな乾燥がちな肌に実効性がある食事内容や飲料水につきましてご案内します。

乾燥肌におすすめの食べ物は?

お肌が水分がなくなると、化粧水やクリームだったり表面の肌のお手入れに手をかけがちですけれども、カサカサ肌においては身体の内側においても広く影響を与えているといえます。

ご飯のバランスの取れないと新陳代謝が悪くなって、皮脂の分泌が半減してしまうことによってドライ肌が悪化してしまいます。

お肌のうるおい感をキープすることを考えれば一定の皮脂が必要不可欠ですから、まずは新陳代謝を落とさないよう、食事内容のバランスを良くすることが重要です。

根本的な栄養成分については、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・Bカロテン・タンパク質をきちんと摂取してたほうが良いでしょう。

空気の乾燥は『肺』に影響を与える

中医学(薬膳)より例えて言うとこの時期、とりわけ影響されることは『』になります。

肺は、呼吸器系の作用だけに限らず、大腸という繋がりが奥深いことによって水分調整の作用もあります。

大腸は、水分を取り入れる器官というわけです。

ですので、肺がパサパサによって渇くと水分調整がいい感じに動かなくて乾燥肌が生じてしまいます。

皮膚が枯葉みたいになってしまうのでは辛いです。

お肌のカサつきを防御することを願って保湿クリームで湿らすっていうものは当たり前肝心ですが、食べ物のパワーを利用して体の内側よりお肌を潤した方が良いでしょう。

肺を潤す白い食材

白い食べ物としては、肺の作用をサポートし、お肌を潤す効果が期待できます

山芋、里芋、れんこん、豆腐、ヨーグルト、卵、豚肉といったもの。

 一押しは山芋

『食べ物でありながら薬の側面もある』と称されるくらい評判の良い食べ物になります。

乾燥がちな肌をしっとりとした潤いのある肌に変えてくれることでしょうよ。

一段上のきれいな肌を望むなら、『黒ゴマ』と合わせて食べてみるということをおすすめいたします。

白い食べ物は『食べる美容液』になります。

しかしながら、カサカサ肌に実効性があるからといって、そればっかり食していたら偏ってしまってマイナス効果が生じてしまいます。

食事した物はカラダの内側でアクセルとブレーキみたいに、互いに助け合ったり防御したりを行ないながら働いていますから、良いバランスで摂り入れることこそがベストですね。

水分を生み出す食材

一押しは。滴るような水分で体の中をうるおい感で充足させてくれるでしょう。

乾燥がちな肌や髪のパサつきに実効性がある梨ではありますが、カラダを冷やす傾向をもっていますから摂り過ぎについては注意でしょう。

同じくカラダを潤しカサつきを良くしてくれる『はちみつ』といったアレンジは、梨のカラダを冷やす性質を緩やかにくれることになります。

乾燥肌におすすめの飲み物は?

基本は温かい飲み物

冷えた飲料水は血の巡りを悪くしてしまうから、正確に言うと温かいドリンクがバッチリです。

温かい飲料水を飲用して新陳代謝が向上することによって栄養成分がカラダの隅から隅まで広まり、保湿成分を生みだしてくれますよ。

その他効果のほどをアップさせたいならば、血流促進効果がある生姜をお湯に溶かしたものや、ハーブティーといったものがピッタリですよ。 紅茶、ココア、牛乳というものは 一押し。

カラダの水分を補って、お肌を潤す成果はスバぬけています。

乾燥肌を気にしている時には、積極的に飲用したい飲料水になります。

きめ細やか艶々お肌をつくりたい際には、『白きくらげ』と『はちみつ』の取り合わせがお勧めできます。

ビタミンCが豊富なもの

飲料水を飲用したい際に、レモンジュースやグレープフルーツジュースといったビタミンCをたっぷりと取り込むものがピッタリです。

これらに関しては抗酸化力が高くお肌の老化現象を防止してくれますし、「セラミド」と呼ばれる保湿成分の生産を促進させてくれることになります。

一日に必要な分を、こまめに摂取する

乾燥がちな肌を防ぐためには、1日あたり1.5~2リットルの水分摂取が必要不可欠だと考えられています。

水分摂取にあたっては一度にたくさんの水分を摂ることはせず、幾度にもわけて1日の必要量を補給することを意識しましょう

気を付けていないと無意識に忘れ去ってしまいますから、「朝起きた時は飲む」「お手洗いを終わらせたら飲む」「お風呂の前と後ろに摂取する」だったり、あなただけの決め事をはっきりさせておくと賢明ですね。

おすすめ記事

簡単に出来る!顔のシワの取り方とは?